きつぬこさぁびす ~ヌキヌキゴックンご奉仕!!~
きつぬこさぁびす ~ヌキヌキゴックンご奉仕!!~
作者:
権利元:クリベロン
学校の帰り道、路上で弱っていた猫を拾い、連れて帰って看病したオレ。しかし、拾った猫は、猫ではなく、猫又と妖狐の間の子、メスの『狐猫(きつねこ)』だった!?人間界は妖力が薄く、こちらの空気にあてられ死ぬ寸前だったそうだ。妖力を手っ取り早く回復するためには、精気、つまり精液が必要らしい。そんな訳で、寝てる間にいきなりヌかれたオレ!が、狐猫は人間界では精気の消耗が激しく、常時大量の精液を必要とするため、オレの精液を狙って全力で奉仕してくるのだが…もちろん…やっべぇ、もうイきそ…っ!!!


▲上へ戻る▲